熊谷真喜のような優秀な弁護士がついていれば安心

裁判

業務データの管理と運営法

業務のシステム化の必要性

裁判

企業においては現在どのような仕事が進行中であるのかを把握することは重要です。それと同時に、過去にどのような仕事を手がけてきたかを知ることも重要なのです。なぜなら過去の仕事の実績が今の仕事を支えており、現在進行形の仕事にとって過去の仕事の分析が役立つからです。これをシステム化することを案件管理といいます。 案件管理は企業だけではなく、あらゆる仕事に必要なものです。特に弁護士のような法律業務に携わる者にとっては、案件管理がうまく機能するかどうかによって今後の仕事にも影響するのです。弁護士というのは民事でも刑事でも様々な案件を取り扱います。その時に参考になるのが、過去に手がけた案件です。 かつては紙媒体などで行われてきた案件管理ですが、インターネットの普及に合わせてデジタル化の傾向に向かっています。

デジタル化によるメリット

弁護士の扱う案件は長い時間をかけて進めるものが多いのが特徴です。その場合、過去に手がけていて今でも進行中の案件、すでに過去のものとなった案件、新規で手がける案件といったように、時間の枠に収まらない仕事が複雑に存在しています。 このような時に便利なのが案件管理です。特に最近ではデジタル化することによって、弁護士が不在の時でも別のスタッフが案件について対応できます。裁判では過去の判例が非常に影響を与えるので、その点からも過去に手がけた案件の資料としての重要性が高くなるわけです。 一人の営業マンなら現在進行中の案件に対してのみ管理すればいいのですが、弁護士のように過去現在を問わず複数の案件を同時進行させる業務の場合は、案件管理のシステム化がうまくいくかどうかが鍵となります。